土壌調査とは

環境への関心が高くなってきた現代で、土壌汚染を放置することは許されません。

法律的にも厳守されているので、土壌調査をして汚染度合いを把握することが企業として望まれます。

有害物質使用特定施設の廃棄時や3000m2の土地の形質変更時などには、

土壌汚染調査が義務付けられているのです。

例として有害物質を製造、使用または処理する水質汚濁防止法・水道法の特定施設の使用が

廃止された場合、更に3000m2以上の土地改変を行う場合に、

土壌汚染の恐れがあると都道府県知事が認める時などに土壌調査が必須になるのです。

更に土壌汚染により健康被害が生ずる恐れがあると都道府県知事が認めた場合など、

それまでの環境を変えるような業務や懸念がある場合に求められるのが土壌調査というわけです。

この際は環境大臣の指定を受けた機関(指定調査機関)に調査させなくてはいけないのです。

土壌調査は国民の安全をまっもる観点からも義務とも言える調査なのですから、非常に大切な物と言えるでしょう。

土壌調査の大きな役割

土壌調査で調べる有害物質は、第一種特定有害物質の四塩化炭素などの揮発性有機化合物。

第二種特定有害物質のカドミウムや化合物などの重金属等。

第三種特定有害物質のシマジン、チオベンカルブなどの農薬等・PCBとなっています。

人体への影響箇所は様々でも人体に危害を及ぼすとされている物ですから、

これを厳密に調査することが望まれるのです。

指定機関として土壌調査をするからには、ひとつ残らず調べることが肝心です。

いまだ続いているカドミウム訴訟、イタイイタイ病の訴訟など、

後世に健康被害を残さないためにも土壌調査は現代で大きな役割を担っているのです。

図らずも日本でかつてあった人体影響を糧に、

さらなる安全を導き出すためには土壌調査の必要性はますます高まっているのです。

土壌汚染が懸念される方は自主的調査を行う事で、社会的な配慮ができますので、

土壌調査会社に相談することが望まれるでしょう。

確かな調査体制が、安心と安全を連れ出してくれるのです。